本文へ移動
ギャラリーとアーティストが提案する新しいお墓 
                     Clou(雲)   
お家に祈りの場所をつくる
今までのお墓のあり方にお悩みの方、新しい視点でお墓を選びたい方ご相談ください。手元供養という選択。

お墓って聞くとちょっとドキドキするし大切な方とのお別れを連想。でも、生命あるものは必ず死ぬ,病気とか関係なく=だからこそ今をよりよく生きるためにお墓をもっと別の視点から考えてみませんか=

ここで扱うお墓はお墓は、アーティスト三宅哲平考案のもの。お墓を持たない人が増える中で、ペットのお骨に悩んだり大切な方とのお別れのあとの供養に今までとは違う流れが出てきています。とは言っても、亡くなった人や大好きなペットを思って、何かに手を合わせることを日常にしたいと感じる人は多いもの。そこで大切な人(自分も含め)の人生を一枚の絵、アートととらえお家にオブジェのように傍にいてくれる新しい お墓cloud(雲)を考えました。お墓という概念を超えてこのオブジェはその人そのもの。私たちをそばで見守ってくれる雲のような存在です。
つなぐ人 お墓コンシェルジェ 清水智子
自分の病気を経て生死と向き合い模索する中で、また銭湯や音楽サロン・galleryを運営する中で、多くの方の人生の光と影に接することで死を真剣に考えてみました。病気があっても最後まで自分らしく生きるには??を考えると死と向き合うことも大切な作業と認識しています。偶然出会った三宅哲平の新しいお墓に感銘を受けて、作品と人とをつなぐことをもう一つの仕事として今は邁進中。入浴と健康、死ぬまで快適にお風呂に入るには?を独自に研究もしている。
アーティスト 三宅哲平
プロフィール
作品制作と並行して、現代人の生活に寄り添う新しい供養の形を提案する活動を行っている。趣味はきのこ狩り、ワインなど。

      公式HP     インスタグラム

♯001 ホワイト 
♯001 ブラック
#001 シリーズ  各165000円8(税込)(台座に名入れ・メッセージ・箱込みのお値段)幅12センチ、高さ14.5センチ、奥行き5.7センチ。塗装。鏡面仕上げ。自動車用の塗料を使用しているので、傷つきづらく強度があり、強く輝きます。シンプルながらエレガントで落ち着いたデザイン。
#002 台座ブラック(大理石)
w85 h105 d48
#002 台座ブラウン(木目)
w103 h135 d54
#003  台座(真鍮)
w100 h115 d52
フレームの無いタイプのモデルです。各110,000円(税込)(台座に名入れ、メッセージ・箱込みのお値段)サイズは001シリーズより小さめ軽め。(サイズは上記写真にそれぞれ表示)シンプルながらエレガントで落ち着いたデザイン。
注)名入れが確実にきれいに出るのは大理石以外の2点。

素材について)使用する樹脂は難黄変性で変色しづらいものを使用し、フレームの部分は木材に塗装されています。塗装は自動車に使用される塗料を使用するので、非常に堅牢な塗膜で傷が付きにくく、長くそばに置いておくことができます。またご希望があれば土も思い入れのある場所の土などを使用することができます。台座部分の文字入れも内容など自由に対応することができます。納期は状況によって変わりますが、通常2~3か月を頂いております。上記以外でもご質問ご相談などありましたらお気軽に問い合わせください。

お問合せとお申し込みについて

①候補がある場合お選びいただきお問い合わせください。 
②作品を実際見ながらご相談(日程調整の上自由が丘徒歩7分gallery yururiにお越しください。)作品決定やご相談
③お支払い
④入金確認後お骨をお預かり(お骨を埋める前のお引き渡しも可能)作品に仕上げてご自宅へ郵送または引き取り来店
注)個々の状況にもご相談に応じながらなので一律対応ではありません。ハンドメードのため遺骨をお預かりし、一点一点丁寧に仕上げ、中に入れなかった遺骨は雲と共にお返しします。(残りの遺骨の供養も併せてご相談ください。地区によって様々な決まりがあるようですがわかる範囲でお伝えします)

打ち合わせ作品所有箇所
ギャラリーyururi
所在地 東京都目黒区緑が丘2-7-13
最寄り駅 東横線、大井町線 自由が丘駅から約徒歩7分
℡問い合わせ 03-3724-7511(山田ビル事務所)→担当者不在の時は後でかけなおしますので連絡先をスタッフにお伝えください。

 お問い合わせ・お申込み
 自由が丘、目黒区近辺にお住いの方、
今までのお墓のあり方や供養の仕方に疑問を感じたら
ぜひお問い合わせください。

~cloudを通じて~
死という旅立ちを、宗教とかを超えてフラットに楽に捉えられるお手伝いができたらという想いでお届けしています。魂をお見送りすることで、日々自分の心を見つめる場所を作る…ということが目的です。お気軽にご相談ください。
TOPへ戻る