本文へ移動

展示・イベントスケジュール

町田忍のジオラマで見る、昭和・江戸の銭湯展~令和に引き継ぐ銭湯文化~ 7/26(金)~31(水)  13時~19時 詳細はこちらから
各時代の銭湯を生活感あるジオラマで再現。特に江戸期のは浮世絵など参考にして時代考証も忠実に再現してます!
 
江戸時代すでに町内に一軒あったほど銭湯は庶民の憩いの場でした。単に体の汚れを落とすだけではなく、浮世の垢も落とす役割も果たしていました。江戸においては文化7年( 1810)に523軒あったので現在の都内の銭湯とほぼ同じ軒数でした。
その半分以上が混浴でしたがそれは特別なことではなく日常の生活の一部でした。また海辺や川の近くの住民のために、屋形船の移動銭湯があり湯船と呼ばれており、「湯船」の語源となったとも言われています。明治5年混浴禁止令が出て以降は混浴はなくなりました。関東大震災の復興期に宮造り銭湯が東京で登場し、それは東京型銭湯様式として昭和40年代まで作られました。地方の銭湯様式は宮造りは少なくいろいろな様式がありました。
 
⚫️出品ジオラマ
 ① 江戸屋形船銭湯(湯船)
 ② 江戸混浴銭湯(2階建)
 ③ 東京型宮造り銭湯(昭和33年築・大田区の現存銭湯・明神湯)
 ④ 大阪銭湯・昭和12年築・1998年銭湯初の、登録有形文化財・ 源ケ橋温泉(休業中)
 ⑤ 町田忍・ 生家で行水風景・ 昭和28年当時再現
⚫️その他・各種銭湯看板・銭湯浮世絵・解説パネル等
 
⚫️作家略歴
 町田忍  
1950年 東京生まれ。和光大学卒業後警視庁警察官として麹町警察勤務後いろいろな職業を経て庶民文化研究のため庶民文化研究所設立現在に至る。35年前より全国の銭湯巡りを開始、銭湯に関しては第一人者として各方面にて活躍。その他にも旅や町歩きサブカルチャーにも詳しい。著書約50冊。映画・ドラマの時代考証も担当。
(社)日本銭湯文化協会理事
 テレビレギュラー出演・「羽鳥モーニングショー・良純未来図」(テレビ朝日)「武田鉄矢の昭和は輝いていた・ロングセラー商品」(BSテレ東)他。
 
山本高樹 1964年 千葉県生まれ。映像専門学校卒業後、映画・テレビ・CMなどの模型や原型製作に携わる。特に昭和に関しての作品は高く評価されNHKTV朝のドラマ「梅ちゃん先生」のタイトルバックのジオラマ製作を担当
15年ほど前より町田忍との合作ジオラマ製作をスタート、今回初めて江戸時代のジオラマを手がけた。
 
町田忍氏展示中在廊。(随時解説あり)
 
みどり湯     
東京都目黒区緑が丘2-7-14
gallery yururi     
東京都目黒区緑が丘2-7-13
☎ 03-3717-4516 
(yururi みどり湯ともに
 こちらにお問い合わせください)
 
TOPへ戻る